甲状腺疾患

診療案内 甲状腺疾患

甲状腺ご存じですか
甲状腺は首の前面で4~5cmほど大きさで、

存在を自覚しない臓器です。
検診などよく腫れているなどで指摘されます。
甲状腺は体の代謝や成長などを調節する

甲状腺ホルモンを作り我々の体の代謝を
司っています。

甲状腺が腫れるのは全体にはれる、びまん性の腫大(ホルモン異常で症状がでることもある)
と結節性の腫れがあります。
ふつうは痛かったりしないのですが、亜急性甲状腺炎などでははれて痛いこともあります。

結節性の腫れについてはどんなものかはまず超音波で見ます。
がんもありますが、大方は経過観察の良性のものが多いものです。

甲状腺の症状はホルモンの多い少ないで現れます。
簡単にいえば元気になるホルモンが甲状腺ホルモンなので、

多すぎると動悸がしたり手が震えたりします。
少ないと寒がりや元気がなくなります。ホルモンの多い少ないは全く対照的です。

甲状腺ホルモンが多すぎる甲状腺ホルモンが少なすぎる
暑がり寒がり
多汗肌が乾燥
手足の震え動作がゆっくりになる
体重減少体重増加
軟便傾向便秘傾向
イライラしやすい気分が落ち込みやすく物忘れしやすい

詳しくは、内分泌のお話し をご覧ください。 

内分泌・代謝・糖尿病内科 初診のご予約は 045-561-2095 または

八木医院