内分泌 のお話し 第05回

内分泌のお話し 第5回

前回は甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンの話をしました。
この辺から甲状腺の病気の各論を書いても良いのですが、病気の事はいろいろな
サイトに載っておりますので、こんな話を書きます。

甲状腺の病気は遺伝ですか

甲状腺の病気で医者にかかると「ご家族に甲状腺の病気の患者様はいませんか」
この一言で、患者様は、「これは遺伝だ」、「これはだれだれのせいだ」、なんて考えると思います。

確かに家族で患者さん場合は多いと思いますので、遺伝的要因はありそうです。
しかしながら日本で甲状腺の病気の方を数えると、医者にかかる必要があるかどうかは別して、
あまりにも多くの方が該当します。とすれば、どう考えたらいいでしょうか?
どうも、鼻が高いとか、背が高いとか、と同じレベルで甲状腺の病気は家族に関係がありそうです。
結局のところ、遺伝なんて言ってくよくよしても仕方がありません。家族に甲状腺の病気の方が

いる場合、医者にかかるようになるかは別にして「調べると病気のネタがあることが多い」
くらいに思われたらいかがでしょうか。

次回は、橋本病、バセドウ病、親子でちがうのですが です。

筆 者
八木医院 内分泌・代謝専門医
薬師寺 史厚

内分泌・代謝・糖尿病内科 初診のご予約は 045-561-2095 または

八木医院